スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伯楽星 純米吟醸 H22BY

伯楽星純米吟醸
『伯楽星 純米吟醸 H22BY』

食中酒として名を馳せる宮城の銘酒、伯楽星の新酒をいただきました。伯楽星といえば数年前に仕事で松島に行ったときこれを買いたくて地元の酒屋を2~3件回ったものの見つからず、東京に戻ってきてはせがわ酒店に行ったら普通に並んでいてびっくりした記憶があります。地元銘柄は「愛宕の松」という名前で、伯楽星は地元にはあまり流通させていないんでしょうか?

このお酒は、宮城の酒造好適米「蔵の華」という米を55%まで磨いた純米吟醸です。新酒ですが、おそらく一回火入れの生詰だと思います。香りは穏やか、旨みが最初にしっかり入ってきますがすぐに酸が追っかけてきて爽やかな飲み口です。軽い苦みを残しつつ綺麗に引いていきます。飲みやすくて旨い酒ですね~。酸が口をさっぱり流してくれて、これは確かに食中酒向きの酒です。重たい洋食でもいけそうな印象で、蔵の方向性が明確に感じられる酒でした。

鶏とゴボウとセリの煮込み
晩のおかずと合わせました!鶏とゴボウとセリの炊き合わせです。本当は小鍋仕立てにするらしいですが、帰りが遅くなった僕に合わせて炊き合わせにしてくれました。水炊き用の鶏、ゴボウと椎茸から出る滋味あふれる味わいにさっと煮たセリの食感と香りの組み合わせが最高!酒が進んでしまってたまりません。

〆のラーメン
そして残ったスープに冷蔵庫に眠っていた平打ちのラーメンを入れて〆の一品。コンロに別の日のおかずと思われる、「鶏つくねと厚揚げの煮物」があったのでそこからつくねを拝借して具にしちゃいました(笑) ラーメンでも飲めちゃう!不思議!(笑)
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ   
にほんブログ村    FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Dr.コトー
もとはといえば乾杯のビールも飲めない生粋の下戸が、いつの間にやら日本酒大好きに。旨口すっきりの日本酒で美味なる肴をやるのが至福の夜です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。