スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十四代 槽垂れおりからみ本生原酒 H23BY

十四代おりからみ
『十四代 槽垂れおりからみ本生原酒 H23BY』

十四代のラインナップでは唯一でしょうか?新酒のおりがらみ、しかも生原酒です。ググってみると昔は龍の落とし子や八反錦のおりがらみを出していたようですが、この酒は使用米の表記がありません。精米歩合は50%、「おりからみ」と表記するのが十四代流ですね。

滓の量はさほど多くなく、「うすにごり」と言った印象。ふっくらした旨みたっぷりなのに重たい感じは全くなく、このバランスは十四代にしか出せません。貫禄の旨さですね。去年あたりから全体のシャープさに磨きがかかった気がします。「フルーティー」な酒の代表格の十四代ですが、はみ出す「甘」の部分がまったく感じられません。出るところが出て引っ込むところは引っ込んでる感じでしょうか(笑) 家飲みできるだけでもう、幸せです。

で、この極上の酒を開けさせた極上の一品がこちら!

43cmのメジナ

毎度おなじみ、はじめ師匠の釣果!43cmのメジナです!

しかも...

白子パンパン!
パンパンに入った白子!お見事です。これでも例年と比べるとまだ小さいとか。さぁ、どう料理しましょうか、腕が鳴ります!

そしてまな板にも注目!?長さ80cm、実家の隣の材木店で特注で仕立ててもらった檜のまな板です。大学生の頃に作ったまな板なんですが、前の家の狭い台所ではそもそも置くだけの幅がなく出禁を食らっていました(笑) 包丁仕事をすると檜の香りが立ち上る、自慢のまな板だったんですが、引っ越しして広くなったキッチンでめでたく復活です。

三枚おろし
半身は皮付きのまま刺身で頂きました。背側を湯霜に、腹身は焼き霜にしましたが、盛りつけが余りに適当だったので写真はナシで(^^; 残り半身はすこし熟成、3日寝かせてから皮を引いて薄造りにして頂きましたが、この日の刺身がむちゃくちゃ旨い!釣って5日目なのにまだ若干活かってる感じがあり、一方で寝かせたことで旨みが最高に乗りまくってました。師匠、メジナは5日目です!(笑)

白子ポン酢
そして白子、半分は定番の白子ポン酢で頂きます!薄めの立て塩にしばらくさらした後、煮切った酒と塩を少々加えた出汁を40℃くらいに温め、その中で白子をゆっくりと湯がきます。ぷりっ、とろっ、の白子は最高!ホント、ふぐの白子にも負けません。

メジナの焼き白子
残り半分は焼き白子に!こちらはさっと霜降った後バーナーでゆっくり温めるように炙ります。焼き目が付いたら七味と藻塩で頂きます。こちらはとろーりとろける食感ですね。酒が止まりません!

メジナの兜煮
兜は煮付けにしました。鯛のアラと同じく少し甘辛く、これも酒を呼ぶ味付けにしたんですが...ほとんど娘達に食べられてしまいました(笑)

メジナの肝
こちらは肝。とても綺麗な色の肝で、これも煮付けてみました。柚子胡椒を添えて一杯。いや、二杯、三杯!?「すし匠」のキンメの肝と遜色ない出来映えでした!

あ、皮チップの写真、取り忘れました(^^;

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ   
にほんブログ村    FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Dr.コトー
もとはといえば乾杯のビールも飲めない生粋の下戸が、いつの間にやら日本酒大好きに。旨口すっきりの日本酒で美味なる肴をやるのが至福の夜です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。