スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャル鏡山 スペックⅡ改 厳選槽場汲み

蔵の町・小江戸川越。少し前にNHK朝ドラの舞台になったそうですね。その川越にある小江戸鏡山酒造の醸す酒を頂きました。

DSC00012_convert_20100525221744.jpg
『スペシャル鏡山 スペックⅡ改 厳選槽場汲み』

ガンダムにでも出てきそうな名前ですね(笑)

厳選槽場汲みというのは創業嘉永三年、四谷の老舗地酒専門店・鈴伝さんの限定酒です。槽場にて槽口より滴り落ちる無加圧状態の酒をそのまま瓶詰めした酒、これがH21BYの限定酒として発売されています。年末から10種類ほどの厳選槽場汲みシリーズを頂きましたが、酒の持つ個性はそのままに、とてもきれいに仕上がる印象があり気になる銘柄の厳選槽場汲みが発売になったときはなるべく逃さず購入しています。

さて明治8年に創業しながら平成12年に廃業を余儀なくされた鏡山酒造株式会社ですが、平成18年に小江戸鏡山酒造として蔵を再興、今期で4造り目になります。この酒はもともとオリをたっぷり絡めた夏の酒として発売予定だったそうですが、よりスッキリした味わいを求めてオリを引いた形での発売となりました。埼玉県の開発した酒造好適米、さけ武蔵を60%精米にした純米酒です。

ふわっと穏やかなイチゴのような甘い香り。含むと香り同様の軽い甘味が広がります。その後かすかな苦みが顔を出しすこし尾を引く感じ。苦み以外は以外はスパッと切れるのですが、苦みがあまり得意でない僕の舌にはこの後味はちょっと苦手。オリが絡むとその甘みと気になるにごりがうまくぶつかり合ってもう一つ旨い酒になりそうな予感がします。オリがらみVer.も出ないかなぁ。


アテは宮島名物、穴子めし。
穴子飯1

穴子飯2
仕事で広島に行った妻がおみやげに買ってきてくれたものです。ふっくらした穴子の味は江戸前の煮穴子に勝るものはない思っていますが、焼き穴子の香ばしさも乙なものです。鏡山の気になる苦みが、この香ばしさとぶつかると引き立て合うのが酒と肴の妙。美味しく頂きました!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ   
にほんブログ村    FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なかなかまめに更新してますな。

お酒の知識もすごい!勉強になります!

No title

G師匠

我ながら意外にまめに更新しております(笑)

日本酒は昔は想像も付かないほどはまっちゃいましたねぇ...
釣行の折りははじめ師匠に貢ぎ物を届けていただきますので是非にご一報下さい(^^)v
プロフィール

Author:Dr.コトー
もとはといえば乾杯のビールも飲めない生粋の下戸が、いつの間にやら日本酒大好きに。旨口すっきりの日本酒で美味なる肴をやるのが至福の夜です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。