スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本酒をロックで!氷清シリーズ

史上最高の猛暑らしく、9月に入ってもいっこうに涼しくなりません。おかげでアップ時を逃していたこの記事も季節外れにならずにすみました(笑)

氷清シリーズ
氷清シリーズ(田酒、出羽桜、満寿泉、手取川)

夏の日本酒を飲みやすく、ということで「ロックで飲む日本酒」をコンセプトに田酒を醸す西田酒造が旗振り役になっているシリーズです。氷を一かけ入れたグラスに注ぎ2~3口で飲む!のがオススメだとか。ロックにしても崩れにくいということで度数高めの原酒が基本です。夏酒といえば度数を落として飲み口を軽くする酒が多い中、正反対のアプローチが面白いですね。今回は田酒以外の3種を...

氷清満寿泉1 氷清満寿泉2 氷清満寿泉3

まずは富山の「満寿泉」。度数16~17度とやや高めくらい。去年頂き物で飲んだ"仕込1号"がびっくりするほど旨みあふれる美酒だったので期待もふくらみます。ロックで旨い!とあるので、素直に氷を浮かべて飲んでみます。

...ふつう?

そのまま飲むと正直とっても苦手な感じの酒です。「昔のいいお酒」っぽさ全開で、アルコールが中盤以降かーっと来る感じ。後にアルコール感が残らないだけまだ飲めますが...これはちとうーむ。で、それを氷で薄め、キンキンにすることでよく分からなくしてるという感じでしょうか。香りも旨み薄く、ちょっと残念。

氷清出羽桜1 氷清出羽桜2

続いて「出羽桜桜花吟醸酒」。山形を代表する蔵の、これまた代名詞的な有名な酒ですが、その氷清バージョンです。通常の桜花吟醸酒が度数15.5度なのに対し、これは18度とかなり高め。これもそのままとロックで飲みますが...これは満寿泉よりもっと苦手です(^^; 「昔の酒」そのもの、10年くらい前にこんな感じの日本酒を飲んで自分が日本酒をダメだと思ったあの味ですね。あれこれ表現するほど味わえず、ギブアップ!

氷清手取川

こちらは石川県の「手取川」、特別純米の原酒です。一昨年飲んだとき、手取川の氷清は本醸造クラスだったと思いますから、クラスを上げてきてますね。香りはほとんど感じませんが、原酒らしい濃い旨みがどしっと居座る感じの酒です。キレは意外に良好ですが、そのまま飲むとだいぶヘビー級です。が、ロックにして氷が少し溶けてきたところで飲むと...お、結構いい感じ。僕の好みからすると重いのは重いのですが、じっくり煮込んだコラーゲンたっぷり牛すじ煮込みと合わせたのもあって結構杯を重ねてしまいました。

ただ...氷が溶けすぎると本格的に薄まってしまうのが惜しい!ロック用でも何でもない、普通の氷を使ってるのがダメなんですが、飲み時のストライクゾーンは狭いなぁ。

牛すじラーメン
おかずで残った牛すじ煮込みに、冷蔵庫に眠っていたラーメンを一玉放り込んで〆の一品に。胡椒をたっぷり利かせた牛すじラーメンです。コラーゲンたっぷりスープのとろとろ感が伝わらないのが残念(笑) 麺の形状とか一切関係なく、問答無用に絡みつくスープが旨かったです。

次回、田酒氷清編に続きます!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ   
にほんブログ村    FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も氷清シリーズでは無いですが、原酒を呑む機会が多いので偶にロックにして呑みます。
これも一つの楽しみ方で、良いですね~

No title

EXCITERさん

僕も原酒が多めですが、原酒が続くと今年の暑さでは飲み疲れしちゃいますね。
ちょっと度数が高めの酒はロックで飲むのも良さそうです。

が、今回はロックで飲むならちゃんと氷もいいものを、と反省でした!
氷が溶けるのが早すぎて、味が安定しないことこの上なし。
ロック用の氷を用意してリベンジします!
プロフィール

Author:Dr.コトー
もとはといえば乾杯のビールも飲めない生粋の下戸が、いつの間にやら日本酒大好きに。旨口すっきりの日本酒で美味なる肴をやるのが至福の夜です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。