スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍋島 「鍋島米」 純米大吟醸 H22BY

東北地方太平洋沖地震 義援金

鍋島 「鍋島米」純米大吟醸
『鍋島 「鍋島米」 純米大吟醸 H22BY』

ふと気付くと、冷蔵庫の中が鍋島と山間ばかりになっています(^^; 開拓精神を失いそうなのでお気に入り銘柄のバリエーションを追いかけるのも程ほどに、と気をつけてはいるのですが、ついつい外れがない銘柄には手が出てしまうもので...

鍋島米

今回の酒は、「鍋島米」という名前の米を使った鍋島です。「鍋島米」という米は明治時代に北陸地方を中心に作付けされていた米だそうですが、とても倒れやすいために姿を消したとか。鍋島と同じ名前を持つ米で酒を造ろうと、富久千代酒造が自らの手で復活させました。復活までの苦労話が蔵元のHPに出ていますが、2006年に収穫された米は等級が獲れず普通酒扱いだったものが今では48%精米の純米大吟醸を造るまでになりました。その味は如何に。

香りはごく穏やか。いつもの鍋島のイメージより甘みはだいぶ抑えられ、米の味が表に出ています。フルーティではなく、軽い穀物感の奥に感じる甘さです。すこし苦みを感じつつ、鍋島らしくすっきりとキレていきます。ゆっくり呑んで、じんわり旨い酒ですねー。

どちらかというときらびやかな印象の鍋島としては、異端の酒だと思います。その分、この米の味を前に出した造りからは一から復活させた「鍋島米」への情熱が感じられます。ロマンをかき立てられる、スケールの大きなお酒でした。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ   
にほんブログ村    FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

年末に出荷された鍋島米ですね!これは呑みたかったのですが、あっという間に売り切れてしまいましたよね。。。

色々な銘柄を呑むのって、大変ですよね。。。何種類かを追いかけるか、色々な銘柄をバランスよく呑むのか。。。

No title

>ふと気付くと、冷蔵庫の中が鍋島と山間ばかりになっています。
分かります。我が家は而今と山間だらけです。最近飛露喜は我慢できるようになりました。その代わり,泉川が・・。
そういえば今期,鍋島まだ家呑みしていません。
買わなければ・・・・。

No title

日本酒ランナーさん
別の酒を注文するときについでにポチっちゃった酒だったんですが、
実はタイミングが良かっただけだったんですね(^^; ラッキーでした。

平和に呑む分には明らかに好みの銘柄を呑んでればいいんですが、
ブログのネタ的にはいろんな銘柄を呑むのが美味しいという(笑)
酒量と冷蔵庫の容量には限界がある以上頭を悩ますところですね。

No title

星矢馬鹿酒さん

而今だらけは羨ましい限りです。山間も仕込み本数が増えて全部買うと
きりがなくなってきましたね。直汲みまで揃えるのは諦めましたが、
それでもすべての仕込みを呑んでみたいと思うと冷蔵庫はあっとい
う間に山間ばかりに(笑)

飛露喜も羨ましいですが、泉川が手に入るのも羨ましい!
東京では飛露喜の方がまだ入手しやすいと思います。

No title

私もコレ、外呑みした事ありますね~。
大変キレイな味わいで旨かった記憶があります。
先日、鍋島の会に参加してきました。
実は明々後日も・・・。

No title

ワタシも銘柄が偏ってしまうクチですw
もう少しバランスよく飲もうと思っとりますが・・・

こちらの鍋島米のお酒、ストーリーを感じさせるお酒ですね。
味わいももちろん大事ですが、こういうストーリーのあるお酒
を呑みながら、造り手の気持ちに思いをはせる。
いいですね~

No title

鍋島米なんていうのがあるんですね。初めて知りました。

近所に鍋島の取り扱い店がないので、鍋島は飲んだことがないんですが、たぶん僕の好みだと思うんですよね。

冷蔵庫の中が同じ銘柄のお酒だらけになるのは、仕方がないことです。うちも、一気に同じ銘柄の米違いなどを買うことが多いので、よく○○だらけみたいな状態になってます。

No title

diansさん
鍋島の会、うらやましいです。
鍋島はバリエーションが多く流石に家飲みでコンプは難しいだけに、
外飲みで呑みたいところですがうちの近所で鍋島を置いているところは
あまりなく...

といいつつまた鍋島3本買ってしまいました(^^;

No title

のぶさん
そう!まさにストーリーを感じましたね~!
銘柄と同じ米を、蔵元自ら再興しそれを大吟醸まで磨きあげるという
スケールの大きさに感心しました。
何より酒そのものが旨いというのがなによりです(笑)

No title

あつしさん
鍋島米というのは僕も今回初めて知りました。矛盾するようですが、鍋島にしては
穀物感の強い酒でしたが、一方で鍋島らしい酒でもありました。鍋島は
フルーティLoveなあつしさんにはど真ん中のストレートだと思いますよ。
落ち着かれましたら是非呑んでみて下さい!
プロフィール

Author:Dr.コトー
もとはといえば乾杯のビールも飲めない生粋の下戸が、いつの間にやら日本酒大好きに。旨口すっきりの日本酒で美味なる肴をやるのが至福の夜です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。