スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九郎左衛門 雅山流 翠月 純米大吟醸無濾過

東北地方太平洋沖地震 義援金

泉屋頒布会復活!
先ほど、福島県郡山市の泉屋さんから頒布会のお酒が届きました。福島県は地震に原発とダブルパンチの中、僕らが想像する以上に大変な思いをされていることと思いますが、この届いたお酒からは確かに復興への足跡が聞こえる気がします!

====================================

雅山流翠月
『九郎左衛門 雅山流 翠月 純米大吟醸無濾過』
翠月
山形は米沢市の蔵元、新藤酒造店の醸す雅山流です。「雅山流」という銘柄名に、翠月や極月、楓月などといった洒落た響きの商品名。かと思えば「裏・雅山流」とか「影の伝説」といった遊び心満載のネーミングセンスの商品もあり、以前から気になっていた酒でした。今回初飲みになります。

地元銘柄は「富久鶴」、この雅山流は次期蔵元でもある新藤雅信杜氏が立ち上げたブランド。地元産の米、特に自社田生産の出羽燦々を中心に使って醸すとのこと。この「翠月」も50%精米の出羽燦々を使った純米大吟醸です。造りはH21BY?原酒ではなく、度数は14度~15度となっています。

香りは穏やかなメロン系。含んだときは軽い甘さなのですが、ふわーっと旨みが広がっていき、ゆっくり消えていきます。余韻は長めですが、後味はとてもきれいで呑み口の良さは抜群です。名前のイメージからでしょうか、勝手に煌びやかな味を想像していましたが、むしろふっくらした丸みが特徴の穏やかな飲み口でした。うーん、旨い!のんびりと味わうにはもってこいの完成度の高い酒で、要チェックの銘柄がまた一つ増えました!

魚でご馳走
これを開けた日はなぜか無性に魚料理をしたくなった日でした(笑) マコガレイとアカムツで色々とやったのですが、今回はマコガレイ編。江戸前富津のマコガレイです。

マコガレイの骨せんべい マコガレイの骨せんべいと皮チップス
中骨に塩をして網の上に乗せて冷蔵庫で一晩陰(?)干しにします。低温でじっくり火を通してから高温でカラッと二度揚げ。皮は一口大に切って醤油で下味をつけてから片栗粉をはたいて唐揚げにしました。アラだけで二合はいけます(笑)

マコガレイ昆布締め&薄造り
背側の身は昆布締めに、腹側は薄造りにしました。丸一日締めたのですがちょっと締めすぎ、半日くらいで良かったかもしれません。とはいえやっぱり一仕事すると違いますね、家族の評判は昆布締めの方が高かったです。

マコガレイ縁側
こちらは縁側。カレイの縁側は少し泥臭いなんて言いますが、いやいや、旨いです!食感といい脂のノリといい、やっぱり身の部分とは全然違って美味しいです。刻んだ塩昆布で和えて山葵で頂きました。

のどぐろ料理も次に紹介しますが、この日は一体何合呑んだやら、思い出すだけでも恐ろしい...

というか思い出せません!(^^;

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ   
にほんブログ村    FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雅山流は呑み易く美味しい酒ですよね~
このスペックは呑んだ事がないので、参考になります。
メロン系とはそそられますね~!

No title

これ、普段の夕食ですか?? それともお仲間集めての吞み会ですか?
後者ですよね。
これは、ご飯のおかずじゃないもんね。
今度、親爺も呼んで下さい。(笑

No title

EXCITERさん
雅山流、初めて飲みましたが美味しかったです。
他の雅山流も飲んでみたいと思います!

No title

酒呑親爺さん
「普段の」ではありませんが家族だけの夕食でした(^^;
最近あまり料理していなかったせいか、魚屋に並んでいる
あれこれを見ていたらやたらに料理気分が盛り上がってしまいました(笑)
家族が食べ終わった後も僕ひとりで骨せんべいバリバリやりながら
6時間くらい飲み続けてました。やっぱり酒には魚です!
プロフィール

Dr.コトー

Author:Dr.コトー
もとはといえば乾杯のビールも飲めない生粋の下戸が、いつの間にやら日本酒大好きに。旨口すっきりの日本酒で美味なる肴をやるのが至福の夜です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。