スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山間 仕込み5号無濾過原酒 H22BY

山間5号火入れ
『山間 仕込み5号無濾過原酒瓶燗火入れ H22BY』

山間仕込み5号の火入れは高嶺錦の特別純米規格。発売直後に買いそびれて、これは呑めないかなぁ、と思っていたらふと手に入った山間です。なんですが、今回のカテゴリーは「ご馳走」(笑) 本題はこっちの食材!

淡路の鯛
淡路産の天然真鯛!いつもお世話になってるMNGご夫妻をお招きしたのですが、家で使うのに大きすぎない、中ぶりのいい鯛が手に入りました。これでおもてなしです。

三枚おろし
三枚おろしにして片身は刺身です。ごく軽く塩で〆て、背側は焼き霜にして平造り、腹側はおろし和えにしました。自家製いくら醤油漬け、大根おろし、三つ葉、刻んだ柚子皮と和えています(これが上の写真です)。

唐墨鯛飯
残り半身はすっかり定番化した唐墨炊き込みご飯!アラで取った出汁で炊いて炭火で炙った鯛と唐墨をたっぷりの炊き込みご飯はこれだけで最高のアテになります。

潮汁
カマと頭は潮汁に。鯛一匹をいわば一汁一菜に仕立てた形です。

酒の方はと言えば、今年の山間らしく甘み、酸ともバランス良く、濃いめのアテに合う食中酒という印象です。火入れの山間は食中酒的な顔が生以上に出ている感じ。ご馳走にも負けない強さはあるんですが...食中酒にマッチしてしまうのは本来の山間ではないのかなぁという気もします。

デビュー当初の山間の「これぞフルーティー!」という全開バリバリの感じからすると、美味しいのは美味しいんですが今年は全体的にだいぶおとなしかった印象がありました。それだけに来年以降の造りがどういう方向に進むのか、非常に楽しみです。このまま食中酒としても行ける路線を選ぶのか、酒だけで旨い路線に走るのか...アテなしで酒を飲めない僕としては前者≒今の路線を極めて欲しいと思いますが、世の中の山間への期待は後者なんでしょうか?さてどうなりますやら。やっぱりH23BYも目が離せないですね。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ   
にほんブログ村    FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわ!本物の料理人だ(笑)すごすぎる!
鯛飯は絶対美味いはず!くいて~~~~

No title

ここまでしっかり食べてもらえれば,鯛も本望だと思いますよ。
刺身,鯛飯,あら汁。これ以上のお料理,ありますかねぇ。
しかも山間。
至福の瞬間ですね。
山間についての感想,きわめて同感です。
私もこの味わい,今年だけで,以前の山間に戻ってはもらえないかという期待はありますね。
ま,十分旨いんですが・・・。

Re: No title

日本酒ランナーさん
最近料理ブログになりかけている気がします(笑)
アラを煮出した出汁でご飯を炊き、炭火で炙った魚の身と唐墨を蒸らしで投入!
実はたいして難しくない一品ですので是非お試し下さい。

Re: No title

星矢馬鹿酒さん
アラまで無駄なく使い切るのが魚料理の醍醐味ですね。
山間は予想以上にマッチしてくれました。火入れの特純という
しっかり腰を据えた味が鯛に負けない強さでした。
来年の山間は原点回帰でしょうか?はてさて。
確かに十分旨いんですけどね(笑)
プロフィール

Author:Dr.コトー
もとはといえば乾杯のビールも飲めない生粋の下戸が、いつの間にやら日本酒大好きに。旨口すっきりの日本酒で美味なる肴をやるのが至福の夜です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。